2009年04月25日

CAW M134・ミニガン紹介 その1

(この記事は私が管理している「サバゲチームG.F.B.のホームページ」に掲載していた記事を転載したものです。)

かつてバブリーな時代にトイテックとアサヒFAの2社から発売されていたM134・ミニガン(当時はバルカンと呼んでましたね)発売当時、高校生だった私は買えるわけもなく、夢のようなガンでした。その後、サバゲをはじめるようになりトイテック、アサヒともに試射させていただくことができました。

過去風景

これがその時の画像。これはアサヒ製品。持ち主のマットは本国で元気にしているのだろうか?

そして2008年、モスカートなどで有名なクラフトアップルからトイテックのミニガンをリニューアル販売するとの情報が。夢に見たミニガンが再販だとぉぉ!と興奮しました。社会人の今ならなんとか・・・でも30万は高額だな〜と悩み続け2009年新春、ついに一般発売されました。その頃、重いが持てるかな?と同じ位の重量の融雪剤の袋持ってこのくらいなら丈夫だろう、グリップあるからもっと持ちやすいだろうなどイメトレしてました。そして悩んだ挙句の結果、この病気でも食欲のある私が飯を食えなくなってしまうくらいきつかった仕事をがんばったご褒美に、メーカー直販にて買ってしまいました(私はOLか?)コイツがミニガンだ!














ミニガン

ミニガンって小さいガンかよー!・・・・ごめんなさい、一ネタやってしましました、あぁ閉じないで〜。という訳でこちらが本物。

ミニガン上

これがCAW(クラフトアップルワークス)製M134・MiniGunです。

ミニガンフロント
前から

ミニガンサイド2
横から

木箱


本当にこの木箱に宅急便のラベルが貼られて送られてきました。事前に電話してきた宅急便の人に「大きい荷物でしょ?」と聞いたら「はい、大きい木箱です」と困った感じでした。

バレル

6個並んだ銃口。ショートモデルのため、
銃口根元が六角になってます。

ロングバレルキット

これがオプションのロングアウターバレルです。

全景

ロングアウターバレルを装着した姿がこちら。やはりミニガンといえばこのスタイルですね。しかし取り付けるとバレル内に弾が当たり、すごく散らばります。ゲームの際はショートで使うと思います。

コード

こちらはグリップ&モーターの配線類。赤い絶縁キャップが付いた方がトリガーとセイフティーの配線、コネクターの方がモーターの配線。当初、接続を楽にしようとコネクター化しようと思っていたら最初からなってました。個人的には4ピンコネクターで1つにしてもらいたかったかな。

ピストンユニット

ミニガンのピストンユニットです。これが6本内蔵されています。高速で回転しながらコッキング→開放・発射を繰り返します。ちなみに上部には英語で「5秒撃ったら10秒休め!6秒以上撃つな!」と注意書きが・・えぇ〜せっかくのミニガンなのに。

マガジン

これがマガジンです。装弾数1700発と、M249ミニミのマガジン(2500発)より装弾数が少ないというのはちょっと悲しいです。まあもっと多いと重くなってさらにつらいかも。

ちなみに丸い穴からも装填することが可能なのですが、装填可能なサイズ=弾がこぼれるということで送り込んでいない状態だと穴から弾がこぼれることがあります。

マガジンロック

マガジン裏側のロック部分です。実銃には存在しないマガジンですが、アモシュート(フィーダーとも言うのかな?弾を送るベルトみたいな奴)のロック部分と同じ構造です。

このマガジン1本1万円というのは高すぎのような・・・と言いつつ同時購入得点割引で予備を1個買ってしまいましたが。が、そのおかげで、後日発売される多弾マグのキットを無料でいただけることになりました。メーカー様には感謝!!

バッテリー

ミニガンのパワーソース、バッテリーがコイツ、シールドバッテリーの12V12Ahです。マルイ電動ガンに使うバッテリーがラージでも大きいもので4Ah(4000mAh)位ですので、比べ物になりません。

が、それでいてかなりの燃費の悪さのため2個購入。ガンショップ関係で購入すると6〜70 00円台なので、半値で売っている電子部品屋から通販で購入しました。電子工作やっててよかった〜

スイッチボックス

これはスイッチボックスです。中にはリレースイッチ(たぶん)とヒューズが入っています。

黄色いカバー側がバッテリー、赤いカバーがトリガー、白いコネクターがモーターへ繋がります。

ヒューズ

普通の電動ガンには使うことない形のヒューズを使います(抵抗もかなりありそう)。まさに大型機械?ちなみに60Aのヒューズです。

外見はこの辺で。実射編に続きます。
posted by 杉丸 at 20:01| Comment(4) | TrackBack(1) | CAW M134ミニガン
この記事へのコメント
私もこの夏、CAW-M134を購入しましたが1ヶ月ほど待ちました。ロングアウター、フィーダーも同時発注し、35万円ちょいで済みました。
現在は価格も少し上がっているようですし、少数ロットでのスポット入荷のため、今後の入手はだんだんと難しくなりそうで、私の物は2ndロットのようです。
パワーソースのバッテリーは海釣り電動リール用12v13A物が送料込みでも充電器も付い¥8000ほどでした。
段ボールを標的にした試射では、簡単に貫通して、後ろのプレハブの外壁がボコボコになっしまいました。
60Aのヒューズが付属している所から、自動車用の大容量バッテリーでも使用可能と思われますが、起動トルク増大で、とんでもない破壊力となりそうです。
あくまで合法範囲の発射エネルギーは12V12Aバッテリーでの値で、大容量バッテリーではとんでもない事になりそうですから、くれぐても御気お付けください。
Posted by 細胞愚 at 2009年10月15日 17:21
細胞愚様へ
バッテリーのアンペア数が増えてもパワーの増加はほとんど誤差程度だと思いますよ。結局パワーは内蔵しているスプリング次第ですので(気密も関係してきますが)。普通の電動ガンでも、容量の多いバッテリーにしてもパワーが上がることはありませんし。それよりも各部への負荷が増えるので部品破損の方が心配されると思います。

ちなみに価格UPは内部の部品を改善したからだそうです。
Posted by 杉丸 at 2009年10月15日 21:35
僕は今中学生ですが大人になったら買う予定ですがミニガンってサバイバルゲームで相手をキルできますか?
Posted by 井上亮 at 2012年12月13日 18:28
井上様

フィールドなんかで違ってくると思います。ミニガンを持って匍匐やアンブッシュなんて出来ませんから、仁王立ちになりますからバリケード等のないところではいい的になりますから。

性能で言えば、ミニガンよりマルイの普通の電動ガンのほうが当てることは出来ます。狙って撃てませんから、ミニガン。

ハイサイなんかでもそうですが、弾をばらまくほうが強いなんてのはありませんから。
Posted by 杉丸 at 2012年12月14日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28688457

この記事へのトラックバック

http://www.valras-plage.net/sytropin-review/
Excerpt: 杉丸の趣味なブログ
Weblog: http://www.valras-plage.net/sytropin-review/
Tracked: 2016-11-29 04:07