2018年04月17日

絶版品復活計画

今週土曜日は陸上自衛隊八戸駐屯地の記念行事です。一応仕事なんだが、溜まった代休消化のために休んでいこうかなと検討中。そんな杉丸です。

今回は依頼品の修理です。しかも絶版品!

Img_6817.jpg
東京マルイ製南部十四年式(エアコキ)

使い続けていた銃ではなく、どっかから骨董屋に来た大量のモデルガンの山に埋もれていたものらしく、初めてフィールドで撃ってみたところ、コッキングするとバレル先端から弾がポロポロと落ちる特別仕様だった、なんとすばらしい!まあ今じゃ絶版になってるしせっかくのものなので修理して使い物になるようにすることに。

で、ばらしてみたところ、ノズルやそのほかの部分に破損しているようなところはなし。う〜ん何でだ?と思っていたが、ふと分解された状態でマガジンを置いて弾の動きを見てみると、数発の弾がバレルの中を通っていく・・ん?あれ?とチャンバーを除いてみるとそこには驚愕の風景が!

Img_6826.jpg
わかりづらいかもしれないが、チャンバーの先にはインナーバレルだけが見えている・・・そりゃ弾流れていくよね。パッキンはどこ行った?

メーカーが入れ忘れたとは考えにくいし、ほかの銃のためにパッキンを奪われたのか?よりにもよって絶版品から取るなよといいたいが、無いものは仕方がない。しかーし、銃本体は絶版品だし、こいつはホップ無しモデル(南部十四年式にはホップモデルがない)。そんな銃のパッキンはおそらくメーカーにも在庫されていないだろう。参った。

ここでいろいろ考え、いろいろ試したところ可能な延命案は現行モデルのホップバレルの移植。持ち主にゴミ箱行きにするか?部品代をかけても延命させるか?という問いに延命でという回答をいただいたので、早速作業に。

ここで大事なのは使えるバレルがあるか?壊れたエアコキとかあれば持って来るんですが、電動ガンのバレルはたくさん在庫してあるがエアコキハンドガンのバレルなんて・・・

Img_6851.jpg
あった・・ベネリM3のバレルw中華ベネリM4のバレル交換するかなと以前注文していたバレルがあった。

Img_6852.jpg
パッキンの切りかきも現行のエアコキハンドガンを同じです。

Img_6842.jpg
エアコキ用パッキンもM3用があるから使える!

しかーし、長さがある分1本900円、しかも使うのは半分以下。もったいないよね。ほかにないものか・・と思っていたらもしかしてガスブロのM92Fのバレルが同じパッキンじゃなかったかな?と思い、M9買ってから使ってなかった92Fをばらす。

Img_6835.jpg
パッキン形状違った(涙)でも違うのはノズルがはまる側でホップ部分はほぼ同形状なのでエアコキパッキンを当ててみるところパッキンが小さく感じるが使えそうw価格もこれなら400円くらいだし。

Img_6844.jpg
金色(真鍮)のがM92F、銀色(アルミ)が南部のバレル。長さが短いがそれは後々なんとかしよう。

切りかきそのままではパッキンが動きそう+気密性が悪いので隙間を瞬間接着剤で埋めてみる。そしてチャンバーに突っ込んでみると

Img_6849.jpg
バレルそのものはちょうどいいキツさで簡単には回転しないので、水平をきちんと確認して無改造でホップバレル装着完了。

Img_6845.jpg
あとは本体に組み込んでみる。

Img_6846.jpg
バレルが短いため、そのままではノズルに押されてチャンバーが動くので、アウターバレル(モナカのアウターバレル)の前部の凸とインナーバレルの間に内径6mmのプラパイプでスペーサーを製作しはめ込むとバッチリ!まあプラパイプ使わなくても元のアルミインナーバレルを切ればいいんでしょうが、それに気づいたのプラパイプを切って調整してからだった。なお画像ではグレーの無塗装のプラパイプだがそのままでは銃口からみえるので、このあと黒く塗装しています。

これにて再組み立て、試射です。なんと、私のエアコキM92Fより飛んでる・・初速はM92Fのほうが高いんだが飛距離は南部のほうがある(目視だけどw)元の状態での飛距離がわからないからなんとも言えないがこれは使えると思う。

なぜ、自分の銃より人の銃の性能アップしてしまうんだ!私は!それでゲームで刈られるのは自分なのにー!まあとりあえずあとは持ち主に返して確認してもらおう。

さて、マルイにM92Fのバレル注文しておくかな。そういやエアコキのバレルも注文できるのかな?
posted by 杉丸 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 杉丸工房
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183009081

この記事へのトラックバック